FC2ブログ
スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--:-- | スポンサー広告 | page top↑
24 本庄宿から神保原まで
2008 / 01 / 26 ( Sat )
ダウンロード用地図はこちら
右クリックして保存してください

本庄ー神保原
街中を歩くと、「創業ーー年」と江戸時代の年号が入っているのを時々目にする。保存されている田村本陣の門、明治時代の警察署の歴史民俗資料館がいい。金鐕神社(かなさな)までで、江戸時代の宿場は終わり。そこから先の道は今でも風景が町中とは異なっている。ところどころの神社などを見ながら進むと、浅間山古墳で日が暮れてしまった(1月だったので、日没が早かった)。夕暮れの中、ようやく泪橋の碑を探したが、地元の人たちも親切に応じてくれたものの、よく知らず、道端にあるのになかなか分らなかった。
神保原の駅にたどり着いたときにはすっかり日が暮れていた。
今日は、中山道を歩き始めて、初めて「がんばってください」と声をかけられて嬉しかった。
東海道でも静岡県くらいから、地元の人たちが親切で楽しかったが、中山道もいよいよ楽しくなりそうな気がする。


後日、本庄の郷土料理、つみっこを食べてみた。、地元の野菜や豚肉などもたっぷり入っていて、お汁がおいしく、全部食べてしまった。お勧め!お店によって味付けなども違い、コンクールもあるようだ。
つみっこのちらし  http://www.pref.saitama.lg.jp/A01/BQ00/vivi/pdf/4_5.pdf





スポンサーサイト

テーマ:街道の旅 - ジャンル:旅行

22:08:04 | 武州路 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<25 神保原から新町宿まで | ホーム | 23 牧西八幡大神社から本庄宿まで>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://walkingnakasendo.blog110.fc2.com/tb.php/13-5ca32f4f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。